ロゴ
HOME>レビュー>心療内科での診療の流れはどんな?実際に診療を受けた人の声

心療内科での診療の流れはどんな?実際に診療を受けた人の声

医者

心療内科に通いたくても初めてだとどういった流れで診察が行われるのかわからず、不安で足を運べないと悩んでいる人もいるかと思います。心療内科を受診したことがある人の体験談をみて流れを把握し、勇気を出して通ってみると良いでしょう。

クチコミ

まずは問診票の記入からでした[20代 女性]

毎日、通勤するために横浜へ行きました。すると、急にめまいが起きたり、吐き気がしたりして仕事に行けないことが何度か続きました。会社はしばらく休職することにしました。総合病院に行き検査を受けました。結果は特別な異常がないと言われ、ビタミン剤などを処方されたのですが、状態は一向に良くなりません。すると、病院の方で心療内科を紹介してくれ、最初の診察の予約を入れてくれました。今回の状態の原因がストレスにあるとすれば心療内科で診察を受けた方が良いと説明を受けました。そして、最初の診察の日が来ました。心療内科と精神科の違いもよくわかっていなかったので、不安でした。実際は清潔な明るい雰囲気の待合室だったので少し安心しました。受付を済ませると問診票を渡されました。いくつかの質問事項が記載されていて、これを記入することで速やかな診察につながると説明されました。それに必要事項を記入し、受付の人に渡しました。そして、先生の問診を受けたのですが、先生は書類を見て的確に質問してくれました。二度手間にならずに問診ができたので負担もなく最初の診察を終えることができました。

診療の中心となったのは医師との話し合いでした[30代 男性]

横浜に住んでいます。最近、うつのような状態になりました。しかし、自分はそれは甘えであると言う考えから心療内科などに通うことはありませんでした。やがて、仕事にも行けなくなってしまいました。家族に「このままでは良くない」と言われ、心療内科の診察を受けることにしました。最初の診察を受けました。定期的に診察に来ることと投薬治療を行うと説明を受けました。一ヶ月、心療内科へ通いました。その度に、医師と話をしました。その中で自分のストレスの原因や思考を整理していたようでした。加えて薬を指示どおり飲むことで状態が少しずつ改善されました。自分で仕事に行けると感じたのですが、医師からここから段階をふんで職場に復帰しないと元の黙阿弥になると諭されました。これまでの医師との話で自分の状態を理解していたので素直に医師の指示に従うことができました。